CONCEPT 浪花のおもてなし

舌で味わう旬と、
目で味わう美濃焼と。

美濃焼を好み、器とともに料理を「愛で楽しむこと」を唱えた、美食家・芸術家の北大路魯山人。「食器は料理の着物」という言葉に響鳴し、浪花では、恵み豊かな季節のお料理を多彩な美濃焼の器にあしらい、東濃・多治見の地らしい「味わい」を大切におもてなししています。
「多治見の浪花に来れば、美濃焼がもっと身近になる、もっと好きになる」。そんな風に多治見や美濃焼文化と出会い、おおいに親しんでいただく料理処として、皆様のお越しを心よりお待ちしております。

先代から学んだ、「和の心」を伝承。

『浪花』は、関西出身の先代がこの地に魅せられ、土岐川のほとりにて創業。以来大衆割烹の店として、長年地元の皆さまにご愛顧をいただいてまいりました。その先代の想いを継ぎ、1914年に店舗をリニューアル。『美濃焼和食割烹 二代目 浪花』として新たな一歩を歩み始めました。
多治見市を含む東濃地方は、海こそありませんが、山の自然と清流の恵み豊かな食材の宝庫。遠方から訪れる方には「地のもの」を、地元の方には「海のもの」も取り合わせ、いずれも季節と旬を大切に「和の心」でご提供しています。

「美濃焼」が結ぶ、ひとと郷の出会い。

おいしいものをおいしく。さらに心に残るおもてなしには、「感動」が産まれる。この東濃地方は、茶陶から日常使いの器、空間を彩るタイルまで、実に多種多様な「美濃焼」がつくられています。私はそれこそが“わが郷の宝もの”と誇りに思っています。
多治見を訪れた方が、美濃焼に触れ、美濃焼を手に地元の方との会話が生まれ、新たな交流がはじまる。浪花がそんなきっかけとなればと、器をはじめ店内のしつらいにも多彩な美濃焼を用いてお客様にお楽しみいただいています。

釉彩のように、十人十色のひとときを

インターネットや情報誌だけでは見えてこないところに、その土地や人の素顔の魅力が溢れているもの。外国の方は、そうしたふだん着の旅を楽しむのがとてもお上手。一方で、その街に暮らす方々にとっては、お祝い事など「ハレ」の場や冠婚葬祭も、大切な節目の機会です。
浪花では、ご夫婦やご家族でくつろいでお食事を楽しみたい方、気軽にお酒を味わいたい、ご接待でおもてなししたい方など、それぞれのシチュエーションやご要望に応じてご相談いただき、心づくしのおもてなしに努めております。
浪花のご予約・お問い合わせは、直接お電話でも承ります。
「大将、たのむよ!」そんな風に、お気軽にお声がけください。

JR多治見駅南出口より徒歩5分 駐車場20台 (バス駐車可)
お座敷席は65名までご予約承ります。仕出し、お弁当、オードブル、法事、慶事、なども承ります。

美濃焼和食割烹 二代目 浪花
〒507-0035 岐阜県多治見市 栄町1-46


営業時間:昼 11:00〜14:00/夜 17:00〜23:30/定休:昼 月・火曜/ 夜 月曜日

PAGE TOP
Translate »